【VS嵐】Twitterで打ち切り反対再炎!宮内新社長は視聴率や経費をどうする?

スポンサーリンク

スポンサーリンク




VS嵐 打ち切り反対

最近、嵐の身辺がざわついています。
【VS嵐】が打ち切りになってしまうのではないか?!と危ぶまれ、打ち切り反対のTwitterの嵐!再炎です。
フジテレビ宮内新社長の真意はどうなのでしょうか?
視聴率や経費の問題を切り抜けて、【VS嵐】は存続できるのでしょうか。
打ち切り反対のTwitter以外にも、ファンや視聴者にできることはないのでしょうか?

なにか方法を探してみましょうね。

スポンサーリンク




【VS嵐】Twitterで打ち切り反対再炎!

宮内正喜氏がフジテレビの新しい社長になってから、番組打ち切りを懸念するツイートがものすごい勢いで投稿されています。
6月の最終週あたりは少し落ち着いたようにみえましたが、7月5日頃より再炎して、すごいうねりとなっています。
番組編成や新番組も始まる中、【VS嵐】の夏のスペシャル番組が間近になってきた事情もあるかと思います。

Twitterの書き込みには悲痛な叫びがあふれ、拡散を求めています。
改めて嵐の人気の高さと、ファンの皆さんの結団力や行動力と【VS嵐】という番組に対する期待に驚いています。

➡いくつか打ち切り反対のTwitterをご紹介しましょう。

宮内新社長は視聴率や経費をどうする?

BSの社長をなさっていた宮内氏が新社長に就任するにあたり、視聴率や経費を念頭に番組のリストラならぬ打ち切りなど、大きな変化があるのでは?という記事がいくつか出されました。
その中に【VS嵐】の番組も入っていたものですから、びっくりするほどTwitterがざわついています。

また、こんな記事も出ました。

嵐の番組である【VS嵐】は番組企画の変更で視聴率の回復や、DVD発売などでコストの回収ができる仕組みを取るようになるという情報が出始めている。(民放関係者談)

いままでは各局にジャニ担というジャニーズ専門の担当社員がいました。…
…現在はそれぞれの番組プロデューサーが直接ジャニーズ事務所にオファーを入れる形で専属の担当がなくなっている。
 なので直接、トップの宮内氏まで意見を言える状況にジャニーズ事務所がないということです。また、フジテレビは現在ジャニーズに頼らなくても番組編成ができる状況にあり、蓋を開ければドラマ以外ではジャニーズタレントがいなくても番組作りが成立することがデータでもしっかり出てしまった。これを知った上層部は、各事務所との付き合いをもう一度改め直し、ギャラの見直しなども含め大改革をするようです」(週刊誌記者談)  

フジテレビが決断すれば、各局でもジャニーズ外しが一斉に起きるのかもしれない。  (以上抜粋)

出典:https://news.biglobe.ne.jp/trend/0523/toc_170523_5858592980.html

ただし、これらは宮内正喜新社長ご自身の言葉ではありませんので、真相はあきらかではありません。
しかし企業としてはどこの会社も行っているように、視聴率(成果)や経費の見直しをすることは間違いないでしょう。

番組内だけではなく、社内全体の経費節約の徹底や、視聴者やスポンサーに求められる企画や番組作り、新しい仕組み作りで、番組打ち切りの方法に偏らない、より良い改革をしていただけたらいいですね。
宮内新社長の腕の見せどころではないでしょうか。

【VS嵐】ワンセグではなく、テレビでみよう!(視聴率アップ)

皆さん、ご存知ですか?
視聴率には、ワンセグでの視聴はカウントされないんです!!

テレビやPCのTVのみカウントされるそうです。
嵐世代の皆さんがよくご覧になるワンセグの視聴率は反映されていないようです(泣)
(…とはいっても視聴率の計算は、ランダムに抽出されてあらかじめデータ用の機械を取り付けてある世帯のカウントで決まります。)

【VS嵐】の視聴率アップには、できるだけワンセグだけではなくて…
テレビで視聴しましょう!!

【VS嵐】を打ち切らないで! 打ち切り反対!…という皆さんのTwitterを読んでいて…
そもそも視聴率って、正確にはどういうカウントをしているのだろう?と「ビデオリサーチ」の資料を調べてこのことを知りました。
テレビでみる!
視聴率を測る機械が設置されているお家はマストですね!

実際の本当の【VS嵐】の視聴率は、もっと高いかもしれませんね!

それから、直接【VS嵐】に関係はないかもしれませんが…
皆さんのTwitterの声というのは、ある意味ある範囲ではありますが、国民の声には違いありませんよね。
放送業界の企業には、国民の要望に応える努力をする義務も<放送法>という法律で定められています。

<放送法>

(昭和二十五年五月二日法律第百三十二号)
最終改正:平成二七年五月二二日法律第二六号

第八節 放送番組の編集等に関する特例

(放送番組の編集等)
第八十一条  協会は、国内基幹放送の放送番組の編集及び放送に当たつては、第四条第一項に定めるところによるほか、次の各号の定めるところによらなければならない。
一  豊かで、かつ、良い放送番組の放送を行うことによつて公衆の要望を満たすとともに文化水準の向上に寄与するように、最大の努力を払うこと。
二  全国向けの放送番組のほか、地方向けの放送番組を有するようにすること。
三  我が国の過去の優れた文化の保存並びに新たな文化の育成及び普及に役立つようにすること。
2  協会は、公衆の要望を知るため、定期的に、科学的な世論調査を行い、かつ、その結果を公表しなければならない。

出典:http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S25/S25HO132.html

私は法律家ではないので断定はできませんが、公衆の要望のひとつとして耳を傾けて、あらゆる工夫をされて誠意ある努力をしていただけたらいいですね!

それから、ニュースなどもそうですが、片方の意見に偏らず、事実をあらゆる角度から真摯に検証して、両方の意見を公平公正に番組や編集に反映させ、どちらの意見も等しく知らせ、国民一人一人に自由に選ばせていただきたいと願います。
公共性の高い業界は、収益や効率重視だけではない新しい取り組みで、日本の文化を良い方向に引っ張っていっていただきたいと希望します。

アイドルやアニメなども、今では日本の文化のひとつになりましたよね。

まとめ

フジテレビに宮内新社長が就任され、【VS嵐】も視聴率や経費の効率化から番組が打ち切られるのではないか?と、打ち切り反対のTwitterがものすごい勢いで再炎しています。

企業の立て直しは大変だと思いますが、そこは敏腕!宮内新社長の腕の見せ所!!
今まで番組を支えて、毎週【VS嵐】を楽しみに日常を頑張っている嵐や【VS嵐】のファンの皆さんの憩いのひと時を、ぜひ、新しい仕組み作りや番組企画の工夫で守っていただけることを願っています。

視聴率のモニターになっていらっしゃるお家のかたは、視聴率アップのために
ぜひ!(ワンセグではなく) テレビで【VS嵐】をご覧になってくださいね!

家族の共通の話題も増えますよね!
みんなでご覧になって、大人の”味方”もどんどん増やしちゃいましょう!

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Contributor

ABOUT – この記事を書いた人(サイト管理人)

♡ いつも頑張っている貴方へ…

こんにちは! 花音です。
時間って あっという間にたちますね。
やりたいこと 知りたいこと…いっぱいあるけれど
お仕事にお家のこと おつきあい…
頑張るほど もっと時間があったらなぁ~

そんな貴方に♡
ちょと笑ってもらいたい
話題をそっと届けたい

貴方の今が輝きますように♡