「ハイレール1375」は小海線の新車両!車内や星空観察会が楽しい!

スポンサーリンク

スポンサーリンク




7月1日から運行を開始した「ハイレール1375」(HIGH RAIL 1375)は、車両の外観も車内も八ヶ岳と夜空がデザインされ、八ヶ岳の高原特有の景色が楽しめる「高原列車」小海線の新車両です。

JRで最も標高の高い地点を走り、「乗って楽しい列車」として、車内の映像やグッズ、座席の工夫、地元の特徴を活かしたグルメや「星空観察会」などのプランも充実しています。

「ハイレール1375」(HIGH RAIL 1375)は、具体的にどんなふうに「乗って楽しい」のでしょうか?

「ハイレール1375」(HIGH RAIL 1375)だけでなく、「マツコの知らない世界」でも紹介された、普通列車も出発する【小淵沢駅】の【高原野菜とカツの弁当】はマツコ絶賛の小海線の楽しみの一つです。

スポンサーリンク




小海線の「ハイレール1375」って、どんな列車?

小海線は、小淵沢(山梨県北杜市)から小諸(長野県小諸市)までの78.9㎞を走る「高原列車」です。
JRの中で日本一高いところを走る鉄道で、ハイブリッド車両を導入したのも日本で最初でした。

毎年夏休みの頃には、蒸気機関車が煙をはいて悠然と高原を走ったり、
トロッコのようなオープン車両が導入されたりして、子どもだけではなく鉄道ファンにも昔から根強い人気のある鉄道です。
線路の周りには、高性能カメラをかまえた鉄道ファンが列をなすこともあります。

今回「ハイレール1375」(HIGH RAIL 1375)につかわれる車両は、キハ100・110系気動車を改造した2両編成です。
「大人は少しノスタルジック、こどもはワクワクするような列車」を目指し、
車体には小海線の夜空と車窓に流れる八ヶ岳の山々が描かれ、
車体前面に「HIGH RAIL 1375」(HIGH RAIL 1375)のヘッドマーク、車体側面にはロゴデザインがあしらわれています。

「乗って楽しい列車」、車両コンセプトは「天空にいちばん近い列車」

車内はというと…
座席には四季の夜空の星座模様。
天文関連書籍を円形状に置かれた書棚に並べたコーナーを作ったり、
その天井部分には星空の映像を投影できる半球形ドームを設置しているそうです。

なんだかわくわくして来ますね!

小海線  ハイレール1375出典:http://news.mynavi.jp/news/2017/06/21/198/

「ハイレール1375」の名前の由来は?

この7月1日から導入された小海線の新車両
車両愛称は「HIGH RAIL 1375(ハイレール イチサンナナゴ)」

HIGH RAILの「HIGH」は、JR線で最も標高の高い地点を走る小海線の特徴を表しています。
「 RAIL」は、線路
「1375」は、清里駅から野辺山の間にあるJR線標高最高地点の標高1,375mに由来して命名されています。

新車両は、車内や「星空観察会」が楽しい!

「乗って楽しい列車」を目指す「ハイレール1375」(HIGH RAIL 1375)の1号車には、
オリジナルグッズや小海線沿線のお土産や飲食物などが販売されるカウンターが設けられるそうです。

また、シートの配列や造りが変わっていて楽しそうです!
ペアシート、シングルシート、4人で座れるBOXシート、リクライニングシート。
座席が車窓のほうを向いているシートも多く、富士山、南アルプス、八ヶ岳の絶景や
緑の木々のトンネル、運がよければ鹿などの野生動物に出会うこともできるかもしれません。


出典:http://news.mynavi.jp/news/2017/06/21/198/

その上、地元食材のオリジナルのブランチやスイーツがついたプランになるそうですから
グルメな貴方にピッタリの旅となるでしょう!

また、車内Wi-Fiによるオリジナルコンテンツも配信予定。
車載カメラによる列車の前方と後方の映像や、「空」や「宇宙」を感じられる映像などを手持ちのスマートフォンで楽しんでもらおうという試みも始まっています。

個人的に興味シンシンなのは…お弁当付きの夜の便。
小淵沢駅を18時20分に発車し、小諸駅に21時51分に到着する「HIGH RAIL 星空」です。
なんと!列車の運行途中で、約1時間の「星空観察会」を行うというのです!

八ヶ岳は都心から近いにもかかわらず、星空がキレイなことで有名です。
野辺山には国立天文台(南牧村)もあり、45m電波望遠鏡が圧巻です。
その「野辺山駅」に18時58分に到着した後、20時1分の発車まで約1時間滞在し、
「日本で一番綺麗な星空ベスト3」に選ばれたこともある南牧村で、小海線沿線の星空案内人が案内する「星空観察会」を実施するそうです。

私も以前、清里の天体ドームから星空をみたことがありますが、天の川が望遠鏡なしで肉眼でみることができました。
参加される際、メガネをかけているかたは度の合ったメガネをお忘れになりませんように!
後悔しちゃいますので。

まとめ

夜空と八ヶ岳の風景がデザインされた小海線新車両の高原列車「HIGH RAIL 1375(ハイレール イチサンナナゴ)」。
シートの種類も工夫され座席が車窓に向いていたり、ブランチやお弁当、スイーツ付のプランや、列車を止めて「星空観察会」をするプランなど、「乗って楽しい」「天空にいちばん近い列車」が7月1日から3月まで運行されています。
現在の販売分はほぼ完売(6/23調べ)しているほど人気のようです。

そろそろ夏休みの計画を立てる時期。
特産のモモやブドウも美味しくなる季節です。
お子様の夏休みの研究や、浴衣でデートに。
おひとり様のこころもリッチなプチ旅行にも。
鉄道ファンのかたや、天文・星空ウォッチャーのかたに。
一面のレタス畑も走るので、ピーターラビットファンにも(笑)
豊かな時間と美味しい時間をオススメいたします!

また、通年の楽しみとしては、「マツコの知らない世界」でも紹介された、普通列車も出発する【小淵沢駅】などで販売されている【高原野菜とカツの弁当】や【山菜とり釜飯】【元気甲斐】は小海線の旅のお供にどうぞ!
特にマツコ大絶賛の【高原野菜とカツの弁当】は、八ヶ岳の新鮮なパリパリの高原野菜とサッパリして女性にもオススメのチキンカツが美味しいですよ♪

なお、標高が高いので…日中、日陰は涼しいのですが日差しが強く、朝晩はぐっと気温が下がります。
昼間は、帽子・日傘・日焼け止め・サングラス…
朝晩は、長袖の上着をお持ちになると便利です。
素敵な旅になりますように。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Contributor

ABOUT – この記事を書いた人(サイト管理人)

♡ いつも頑張っている貴方へ…

こんにちは! 花音です。
時間って あっという間にたちますね。
やりたいこと 知りたいこと…いっぱいあるけれど
お仕事にお家のこと おつきあい…
頑張るほど もっと時間があったらなぁ~

そんな貴方に♡
ちょと笑ってもらいたい
話題をそっと届けたい

貴方の今が輝きますように♡